東京新聞杯2019~結果

競馬予想

東京新聞杯の結果です。

スタートで②インディチャンプが出遅れるもすぐに巻き返して上がって行きます。先行争いから⑫ショウナンアンセムが抜け出し先頭。内から⑩ロジクライが2番手。外から⑨ヤングマンパワーが上がり内に③テトラドラクマ。好位に⑤タワーオブロンドンがつけ⑥レッドオルガがそれを見る形。続いて内に巻き返した②インディチャンプがつけ外から⑦ゴールドサーベラス。さらに⑧ロードクエスト。内から①サトノアレス外に⑬リライアブルエースが続く。後方に⑭レアリスタ④ストーミーシー。少し空いて⑪ジャンダルム。最後方から⑮レイエンダという隊列。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

やや速めの平均ペースでレースは進み馬群は縦長。3~4角で特に動きはなく直線に入る。

直線に入ると⑫ショウナンアンセムと⑩ロジクライが並んで先頭。外から⑨ヤングマンパワーが追いかける。残り300m辺りで内から②インディチャンプがぐんぐん伸びて来て残り200mで先頭に躍り出る。中から⑥レッドオルガ内から①サトノアレスが伸びて前に迫る。

そのまま②インディチャンプが先頭でゴール。1/2差で⑥レッドオルガが2着。アタマ差で①サトノアレスが3着。少し空いて⑧ロードクエストが4着。ハナ差で⑤タワーオブロンドンが5着入線。

1着②インディチャンプ(〇)

2着⑥レッドオルガ(◎)

3着①サトノアレス(▲)

4着⑧ロードクエスト(消)

5着⑤タワーオブロンドン(△)

勝った②インディチャンプは出遅れたものの巻き返して中団で脚を溜め直線も良い伸びでした。最後はソラを使ったようで詰め寄られてしまいましたが完勝でしょう。これで3連勝で重賞初制覇。今後も活躍が期待できそうですね。

本命の⑥レッドオルガは惜しい2着。鞍上がしっかり良い位置を取りに行ってくれました。こういうレースが出来れば東京以外でも勝負になりそうですね。この馬も今後の活躍が期待できそうですがもう5歳ですし今年のヴィクトリアMに全力投球でしょう。しっかり馬券を買っておきたいですね。

3着の①サトノアレスはさすがにこのメンバーで東京マイルならこれくらいは走れるでしょう。今年も京王杯から安田記念のローテでしょうか。

4着の⑧ロードクエストは東京なら走りますね。今は1400mの馬だと思っているので次走京王杯なら評価を上げたいです。

5着の⑤タワーオブロンドンは思ったより頑張りました。こちらも1400mがいいので京王杯なら楽しみですね。

 

東京新聞杯2019~見解①
東京新聞杯の出走馬を見ていきましょう。インディチャンプ 福永 : 昨年は毎日杯3着アーリントンカップ4着。どちらも乗り方次第では勝つチャンスはあったと思います。毎日杯は好位にいたのにわざわざ下げて最後方からになり直線差し届かず3着。アーリントンカップは抜け出すのが早すぎて差されて4着。福永Jに乗り替わって3戦は安全運転に徹し早めに外へ出し最速の末脚で2着→1着→1着と結果を出しました。馬の力はここでも通用しそうですがこの相手に安全運転では勝ち切れないかも。
東京新聞杯2019~見解②
東京新聞杯の出走馬を見ていきましょう。ストーミーシー 杉原 : 昨年のこのレースは10着。今年は既に2戦していますが完敗。ここは見送り。 タワーオブロンドン Cルメール : 2歳時は京王杯を勝ち朝日杯で3着。3歳になりアーリントンCを勝ちNHKマイルCで1番人気に推されたものの12着大敗。半年の休養を挟んで立て直した前走は中団から良く伸びましたがクビ差の2着まで。
東京新聞杯2019~見解③
東京新聞杯の出走馬を見ていきましょう。レアリスタ 石橋脩 : 安田記念を勝ちオーストラリアのG1を2戦し1着2着だったリアルインパクトの弟。前走の毎日王冠は好位から失速し最下位。4ヶ月の休養を挟みここへ。休み明けは得意だが手は出ない。 レイエンダ 北村宏 : レイデオロの全弟。新馬から3連勝のあとセントライト記念で2着。前走のチャレンジCは後方から伸びず6着。ちょっと爆発力が足りない感じはありますが初マイルがいい方に出れば変わり身もあるか。
東京新聞杯2019~買い目
東京新聞杯の買い目です。◎⑥レッドオルガ : 左回りは得意。東京なら上位争いに。 〇②インディチャンプ : 力は一枚上。馬群を捌ければ勝ち負け。▲①サトノアレス : 東京マイルなら巻き返す。 ☆⑬リライアブルエース : 馬体が絞れていれば一発あるかも。 △⑤⑩ ✕⑫⑮ 印はここまでですね。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら